スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

リプロスキンで赤くなる原因と対策 ニキビを治すには?

リプロスキンはニキビケアグッズの中ではかなり高い評判を集めているんですが、口コミの中には気になるものも
ちらほらあります。
肌が赤くなった、という感想もあるんですが、リプロスキンでどうしてこんなことが起きてしまうのか?その原因をこのブログにまとめてみました。



肌質によってリプロスキンの成分のどれかに肌が過剰に反応している可能性もありますが、他にも肌が赤くなる可能性があるんです。



■新陳代謝が活発になった影響

肌が赤くなったといっても、一部分の肌が赤くなる場合には、肌の奥にできていた赤みを伴うニキビ跡が肌表面に押し出されてきたことが原因だと考えられます。

物理的に目に入りやすいレベルまでニキビ跡が近づくことで、肌が赤くなったとか、ニキビ跡が悪化したように見えてしまうわけです。



これは肌の新陳代謝が機能し始めた影響です。ニキビ跡によってさえぎられていた肌の生まれ変わりが促されているんです。

ニキビが悪化したわけでもなければ、肌の状態が乱れているわけでもありません。むしろ、ニキビが治り始めている証拠なので、リプロスキンをこれまで通り使い続けるのが良いです。



ちなみに、リプロスキンにはニキビ跡の赤みを消してくれる効果がある美容成分、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

アクアポリンという浸透成分のおかげで、肌の内部まですっと染み込んでいくので、他のニキビケア用品では治らなかったニキビ跡の赤みも消すことができます。



ニキビ跡の赤みが目立つようになるのは、グリチルリチン酸ジカリウムの効果よりも先に、新陳代謝が促されてしまったせいです。



■スクワランのピーリング効果

リプロスキンを使って肌が赤くなるもう一つの原因として考えられるのは、スクワランによるピーリング効果です。

スクワランには肌表面の余分な角質(古くなった角質)を取り除いてくれる効果があるんですが、そもそも角質が薄い部分にスクワランを使うことによって、必要な皮膚まで削ってしまう可能性があるわけです。



スクワランの影響をキャンセルすることはできないので、リプロスキンを使って赤くなる部分に塗るのは避けるようにするのが良いです。

ただ、スクワランは天然成分なので、敏感肌でも安心して使える成分です。よほどの敏感肌でもなければ、スクワランで肌が赤くなることはほぼないと考えらえます。



■プラセンタで大人ニキビも解消!

リプロスキンを使って肌が赤くなるのはごくまれなケースだと思って良いです。むしろ、何か違和感を感じたら、すぐにでもサポートに相談をするべきです。

リプロスキンでニキビケアをするにあたっては、できてしまったニキビを消すだけじゃなくて、ぜひ、ニキビができない状態まで肌質を改善することを目指してください。



リプロスキンに含まれるプラセンタには、肌の新陳代謝を改善するだけじゃなくて、肌内部のコラーゲンを増やしたり、ニキビで痛んだ皮膚を細胞レベルで修復してくれる効果もあります。

傷がついていなくてコラーゲンたっぷりの皮膚で肌が満たされれば、ニキビができる余地なんてなくなり、繰り返す大人ニキビに悩まされることがなくなりますよ。



ニキビを治すだけじゃなくてニキビができない肌にしてくれるリプロスキンを割引価格で試してみるにはこちら
↓↓↓








スポンサーサイト